解き放たれた人生! テーマ〈日本〉

2014年

10月

31日

林ジョナサンゆうき物語

アメリカで生まれ、小さい時に日本に来たジョナサンゆうきは、家では父親の暴力で、学校でも二重国籍と日本語をあまり話せないためいじめられ、落ちこぼれに。だが護送車の中で神の声を聞いた彼は、信仰深い母の祈りと励まし、更にある牧師との運命の出会いで大きな転機に…。

【聴く】

 

2014年

9月

07日

ジョセフ&マーガレット・ミーコ物語

太平洋戦争が終わって2年目の1947年秋、ジョセフとマーガレット・ミーコ夫妻は、太平洋の荒海を乗り越えて、かつての敵国日本へ宣教師として来日。戦禍の日本の東北地方に派遣され、山形を中心に日本人の魂の救いのための働きを始める。その働きは豊かに実を結び…。

【聴く】 

2014年

6月

30日

ビル・ハサウェイ物語(後編)

戦後、空軍兵士として日本に来たビルは、千葉でアイク・フォスター宣教師に出会い、その勧めでアメリカの神学校へ。そこで生涯の友、グレッグに会い、彼の勧めでディクシーと結婚して宣教師として来日。そこから二人の長年にわたる日本宣教の働きが始まった。

【聴く】

2014年

5月

01日

ビル・ハサウェイ物語(前編)

 

時は1935年世界恐慌の時代。父を海難事故で失ったビルは、母の手で育てられるが、貧しさのゆえに養護施設に入れられる。ひねくれた彼は施設の厄介者。だがある日、一人の説教者の話で回心。やがて軍隊に入り上官の大尉を主に導いた彼の認知は嫌いな日本だった…。

【聴く】

 

 

2014年

3月

02日

エイミー・ルーク物語(後編)

新潟に教師として赴任したパーシ―とエイミー夫妻は、スパイ容疑で特高に逮捕される。母恒の尽力で東京に戻った二人には、空襲の恐怖が。戦争が終わり、一度は夫の母国に帰った二人は、やがて日本に戻り、福音の伝道者としての苦難と栄光の日々が始まる…。

【聴く】

2013年

12月

31日

エイミー・ルーク物語(前編)

クリスチャンで矯風運動で活躍し、日本人として初めて英国国籍を持った女性、恒を母に、厳格ながらも愛情深く育てられたエイミーは、やがて南ア連邦からの宣教師、パーシーと出会い、結婚。日本人の魂の救いのために共に働き始めた時、日本は太平洋戦争に突入して…。

【聴く】

2013年

5月

02日

ジョン・ノーブル物語(後編)

聖書学校に入学したジョンは、ある牧師の講演会で、宣教師としての召しを確信する。同窓生のバーバラと結婚した彼は、やがて日本への宣教師として来日。得意の演劇のたまものも生かしながら、清水市を始め。日本各地で、日本人の救いのために30年間労した。

【聴く】

2012年

5月

30日

ニール・ヴァ―ウェイ物語(後編)(2886 Neil Verway)

ニールは日本で放送伝道を始めたが、日本人の働き人がいない。しかし神は、前編の佐藤ミノルに加えて、ノリオや前野トヨたちを良きスタッフとして備えてくださった。彼らの働きを通して、キミコ、カワモトらが救いにあずかったが、佐藤は、ある入院患者の死を救えず…。

【聴く】

2012年

4月

30日

ニール・ヴァーウェイ物語(前編)(2885 Neil Verway)

南アフリカで育ったオランダ人ニールは、ある伝道師の説教で宣教師の道を示され、1951年、はるかな国、日本にやってくる。そしてイギリスからの宣教師、ペギーと結婚した彼は、良き日本人協力者佐藤ミノルと共に、病院伝道、更に放送伝道を始めようとするが…。

【聴く】

2012年

4月

10日

尾崎一夫・久子物語(2944 Kazuo&Hisako Ozaki)

太平洋戦争の惨禍の中で少年時代を過ごした尾崎一夫は、戦後、自衛隊で英語力をつけ、宣教師との出会いから信仰を持ち、神学校で生涯の伴侶、久子と出会う。卒業後キリスト教放送団体PBAに入社した彼は、やがて南米エクアドルに遣わされて…。

【聴く】

2012年

4月

10日

ジェフ・バーカー物語(1789 Jeff Barker)

アメリカ人と日本女性の間に生まれたジェフは、軍人の父の転勤でアメリカ中を転々として育ち、高校ではレスリングで鳴らすが、麻薬に溺れてすさんだ生活に。やがて夢中になったバイクの事故で重傷を負った彼が、死の恐怖におびえ、神に求めた”賭け”とは…?

【聴く】

2012年

4月

10日

ポール・レイフィアー物語(2542 Paul Refior)

”真理”を求めながらも、フットボールと女の子の尻を追いかけ奔放に生きてきたポールは、大学で生涯の伴侶パムに出会い、初めて己の生き方を真剣に考え出す。やがて主イエスに出会い、信仰に目覚めた彼は、法律の道に進み、1年間の短期宣教師として日本へ…。

【聴く】

2012年

4月

10日

松田のぶや物語(1608 Nobuya Matsuda)

のちに世界的なピアニスト、作曲者となる松田のぶやは、1931年、神戸で、祖父の代からのクリスチャンホームに生まれる。しかし、軍国主義の真っただ中で、偶像礼拝を拒むことは少年の彼には大きな試練だった。ある日、勤労奉仕の工場が空襲に遭い、死が迫った時…。

【聴く】

2012年

4月

10日

富田あきら物語(408 Akira Tomita)

1936年、金沢で、中学校長で仏教徒のを父に、4人の子の長男として生まれた富田あきらは、戦後大学を出ると、アメリカで民主主義をじかに学ぼうと渡米する言葉の壁、経済的困難の中で、ホームレス救済ミッションの世話になるが、何を信ずべきか思い悩み…。

【聴く】

2012年

4月

10日

ドン・ホーク物語(2966 Don Hoke)

クリスチャンホームで育ち、神学校を出て牧師になったドンは、やがて結婚したマーサ共々宣教師としての召しを受け、敗戦後間もない日本に赴任する。そこでクリスチャン・カレッジを創立した彼は、様々な困難の中で、22年にわたり、多くの主のための働き人を育て…。

【聴く】

2012年

4月

10日

マーサ・ホーク物語(2965 Martha Hoke)

熱心なクリスチャンだった父のもとで育ったマーサは、10歳の時、イエスを信じる。やがてクリスチャンカレッジに進学した彼女は、ドン・ホークの牧する教会で賛美の奉仕をしたことから彼と知り合い、やがて結婚。1952年、宣教師の夫と共に来日するが、そこには様々な苦難が…。

【聴く】

2012年

4月

10日

アート・シーリー物語(後編)(2884 Art Seely Part 2)

戦場で死に直面し、イエスを信じたアートに、中国の門は閉ざされるが、代わって日本宣教の道が開かれる。だが彼が生涯の伴侶と心に定めたフローレンスは、「イエス」を言わないまま海外で消息が途絶えた。やがて日本に着いた彼はある日、思いもかけず…。

【聴く】

2012年

4月

10日

アート・シーリー物語(前編)(2883 Art Seely Part 1)

ワシントン州の農家に生まれたアートは、信徒伝道者の父の厳しいしつけで、信仰に心を閉ざす。やがて軍隊に入り、太平洋戦争で通信兵としてアジア各地を転戦した彼は、激しい戦闘の中、死の恐怖におびえ、無意識のうちに”絶対者”の存在を求めるが…。

【聴く】

2012年

4月

10日

ロバート・ボードマン物語(後編)(2882 Robert Boardman Part 2)

沖縄戦で声帯を負傷したボブは、1年半の入院で、明確な救いの体験をし、同じく障害を負ったスパーキーやバディーと生涯の友となる。戦後、ジーンという女性と知り合い、結婚した彼は、宣教師としての召しを受けるが、その任地はかつての敵国日本だった…。

【聴く】

2012年

4月

10日

ロバート・ボードマン物語(前編)(2881 Robert Boardman Part 1)

日本軍が真珠湾を攻撃した194112月、17歳のボブは、海兵に入隊し、太平洋の激戦地に向かう。毎日激しい敵の銃砲撃にさらされた彼の心は、次第に死の恐怖と、そこから逃れるために、聖書の言葉に引かれていく。だが19456月、沖縄に上陸した彼は瀕死の重傷を負い…。

【聴く】

2012年

4月

10日

小川政弘物語 −運命論のかなたに− (2719 Masahiro Ogawa)

日本の秋田県に育った小川政弘は、小学生で父を、高2で姉を亡くし、弟の正明と共に、母の女手一つで育てられる。貧しく過酷な日々を、運命論に捕らわれ孤独に育った彼はやがて上京。深夜に福音放送を聞き、初めて愛の神の福音に触れた時、彼の前途には…。

【聴く】

2012年

4月

10日

バーニー・ホーリッツ物語 (2718 Bernie Holritz)

おなかの腫瘍を抱えた母親が命懸けで産んだバーニーは、小さい時から、中国宣教の夢を抱いて育つ。やがて同じ志を持つ女性ジャネットと結ばれた彼がいよいよ夢を実現という時、共産化した中国への道は閉ざされ、神はかつての敵国日本宣教への道を…。

【聴く】